新型コロナ
ウイルス
関連情報

法学部

この学部に向いている方
アドミッションポリシー

法学部は、科学技術の発展と社会構造の変化に対応できる、知識や判断力及び総合的な視野をもち、現代社会の複雑な問題に対処できる人材の育成を教育の目的としています。これを実現するため、法学部は法律、政治・行政、経済・経営の幅広い分野で専門教育を行うとともに、文武両道を奨励しています。法学部は、これらの理念・目標に共感し、かつ、以下に示すような目的意識を持った学生さんに入学いただきたいと考えます。

学部に向いている方の特徴
学部に向いている方の特徴
  • 国際社会、日本および地域社会の発展に役立ちたいと考えている方
  • 中央省庁・地方自治体で中核となって活躍する意欲のある方
  • 警察官、消防官または自衛官等となり、国や地域の治安・安全確保に貢献したいと考えている方
  • 中学・高等学校等の教員となり、学校教育に従事したいと考えている方
  • ビジネスの世界で活躍し、社会経済の発展に貢献したいと考えている方
  • 学業とともにスポーツでも活躍し、スポーツに関わる職業に就きたいと考えている方
  • 法律、政治・行政、経済· 経営の分野の専門知識を身につけ、種々の資格を取得したいと考えている方

法学部で学ぶには、高等学校卒業までに幅広い教科の基礎的知識を修得しておくことが望まれます。特に、以下の学修が重要です。
①国語、特に現代文の読解力と語彙力 ② 社会科の基礎的知識 ③ 外国語(英語)

卒業時の未来像
ディプロマポリシー

法学部は、法的素養を持った社会人として社会に貢献できる人材の養成を目的としており、以下の知識や技能、姿勢を身につけた者に学位を授与します。

  • 法律に関する基礎的な知識及び法的思考力を身につけている。
  • 政治学の基礎的な知識及びその知識を実社会に役立てようという姿勢を身につけている。
  • 経済学の基礎的な知識及びその知識を実社会に役立てようという姿勢を身につけている。
  • 現代社会で活躍するために十分な情報収集力及び論理的思考力を身につけている。
  • 社会人として求められる問題解決力及びコミュニケーション力を身につけている。
  • 自ら研究テーマを定め、主体的に思考する姿勢を身につけている。