東日本大震災及びその他の災害により罹災した新入学生に係る入学金及び授業料の減免申請について

大学からのお知らせ | カテゴリ:入試情報 | 2014年01月08日

本学では東日本大震災及びその他の災害により被災・避難し、経済上就学が著しく困難になった新入学生に対し、申請された書類を審査のうえ入学金及び授業料を減免する制度があります。

1 対 象 者 
 災害により罹災した新入学生に係る入学金及び授業料の減免は、次の各号のいずれかに該当し、本学が定める家計基準で経済的に就学困難と認められ、その学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が、災害に際して災害救助法(昭和22年法律第118号)が適用された地域に居住している者を対象とする。

(1)市区町村長又は消防署長が発行する罹災証明書により、学生の学資負担者の居住する家屋等が、全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊等であると証明された者。
(2)学資負担者が災害に伴い、失業するなどして著しい家計急変があり、学費納入が困難である者。
(3)学資負担者が東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い、避難生活を余儀なくされている者。

前記の本学が定める家計基準は、次のとおりとする。

(1)給与所得者 841万円以下(直近の源泉徴収票の支払い金額)
(2)給与所得者以外 355万円以下(直近の確定申告書の所得金額)


2 申請方法
 減免の申請を行う場合には、下記の提出書類を各入試の30日前までにご提出下さい。

(1)入学金・授業料減免申請書 本学所定用紙(ダウンロードはこちら
(2)罹災証明書
(3)住民票
(4)直近の源泉徴収票または直近の確定申告書等
(5)学資負担者の死亡を証明する書類(学資負担者が死亡した場合に限る)
(6)その他本学が必要と認める書類


3 減免額
 ①入学金 ... 320,000円
 ②入学年度に納入すべき授業料(年額) ... 624,000円

お知らせ

メニュー

PICK UPメニュー