法学部紹介

本学は、建学の精神に基づき、「幅広い教養を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、もって我が国及び国際社会の発展と人類の福祉に寄与しうる人材 を育成すること」(学則第1条) と目的に設置され、法学部は教育目的を(1)国際化・情報化時代に貢献し、 (2)法分野の実務に強く、政治行政分野、現代社会の複 雑な課題に対する問題解決能力を有する人材の養成においています(「大学設置の趣旨」)。

学位授与の指針(ディプロマポリシー)

法学部では、法律、政治・行政、経済・経営の基礎的知識を身に着け、それぞれの所属コースに応じて体系的に専門科目を履修し、 法的素養をもった社会人として必要な基礎学力・知識を修得した者で、情報収集力・論理的思考力と問題解決力・コミュニケーション力をもち、 かつ所定の単位を修得した学生に対して、学位を授与することとしています。

法学部法学科の特色

1)進路選択に合わせて履修可能な、3コースからなる間口の広い法学部であること。

法学科には、「法律一般」、「政治行政」、 「経営法務」の3コースを設けて、 法律、政治行政、経済経営などの科目を配置し、概ね1年次の教養・基礎教育の上に、進路選択に合わせて2年次以降に専門科目を履修する仕組みになっています。 また各コース間の履修制限を緩やかにして、多様な組み合わせの履修が可能になっています。 法律一般コースでは、法律に関する様々な分野を幅広く学び、グローバル化の進む複雑な現代社会に通用する法の実務家の養成を、 政治行政コースでは、政治・行政に関わる様々な分野を学び、グローバルな視野を持って国や地方の発展に寄与できる人材の養成を、 経営法務コースでは、国際化の進展を視野に入れながら、企業実務に必要な経営と法に関する実践的知識の習得を、それぞれめざしています。

2)学年進行に併せて、多様な演習科目による少人数教育を実施していること。

1年次必修の「基礎演習Ⅰ」は初年次教育を目的として、2年次必修の「基礎演習Ⅱ」は専門教育への導入として開設しています。3、4年次の専門教育(選択科目)としては、学生の進路選択に応じて、2年間継続履修する専門分野を学習する「研究会」(ゼミナール)のほか、専門分野のトピックや事例研究に主眼をおいた半期完結型の「発展演習」、主として上級公務員試験に対応した「特殊演習」を開講しています。また就職対応として「就職実践演習Ⅰ、Ⅱ」を設けているなど、多様な双方向の少人数クラスを開設しています。

3)正規カリキュラムにキャリア教育を組み込んでいること。

学校教育においてもキャリア教育の必要性が言われる中、どのような社会人になりたいのか、どのような人生を送りたいのか、といった生涯にわたる生き方や進路、それに応じた知識や能力について、正規カリキュラムの中で系統的に必要な科目を配置している。1、2年次に「キャリア形成と進路」でキャリア形成の基本編を、3,4年次の「産業・企業分析」では応用編を学び、「就職実践演習Ⅰ、Ⅱ」では、事例研究などの双方向の演習授業で理解を深めるよう工夫をしています。

大学・大学院紹介 - カテゴリ -

メニュー

PICK UPメニュー