カリキュラム

カリキュラムポリシー

法学部は、科学技術の発展と社会構造の変化に対応できる、知識や判断力および総合的な視野をもち、現代社会の複雑な問題に対処できる人材を育成するため、 学生に、法律、政治・行政、経済・経営の基礎的知識を身に着けさせるとともに、それぞれの所属コースに応じて体系的に専門科目を履修させることとしています。
また、情報収集力・論理的思考力と問題解決力・コミュニケーション力を身につけられるよう、多様な専門科目と演習科目を設置することにしています。 法学部では、学生各自の進路に配慮し、将来の目標達成を支援するため、コース制をとり、キャリア教育および採用試験に対応した授業を設置し、 4年間で段階的に履修できるようにカリキュラムを編成します。また、目標を共有する学生同士が切磋琢磨することで意欲と学力を向上させられるよう、進路別クラスを編成します。
さらに、文武両道の学生生活実現に配慮し、課外活動で活躍しようとする学生が、各自の関心に応じた履修ができるよう、必修科目、選択必修科目、選択科目のバランスに配慮します。

資格の取得、就職に向けて 基礎力を身につけ、実践力を育む授業を展開

本学では、1・2年次の間に法学部生としてしっかりと法学の基礎を身につけるために、少人数ゼミ形式の「基礎演習」が設けられています。講義形式とは異なる「個」に応じた個人指導の授業により、学生が持つ能力や可能性を引き出す工夫が凝らされています。

2年次から3つの専門コースで、一人ひとりの興味ある分野を深く掘り下げ、学んでいきます。コース間の垣根が低いので、他コースのカリキュラムも受講しながら視野を広げることも可能です。

1)進路に合わせたクラス制

入学時に、県庁・市役所職員を目指す「Pクラス(選抜制)」、警察官・消防官を目指す「Sクラス」、その他一般企業を目指す「Eクラス」、スポーツに関わる職業を目指す「Aクラス」の4つからクラスを選び、それぞれの目標に向かってスキルアップしていきます。

2)2年次から始める3つの専門コース

「法律一般コース」「政治行政コース」「経営法務コース」の3つの専門コースで、将来の進路にあわせて専門的に学習することができます。 また、専門コース以外の科目も履修できるので、幅広い分野を学ぶことができます。

3)公務員試験の出題分野に対応した授業

大手公務員予備校と連携して、公務員試験をめざす学生向けに単位を修得しながら試験対策ができる「特殊演習」拡充し、公務員試験合格をサポートします。

4)外国語科目の履修が幅広く

英語以外の外国語に興味を持った学生は、中国語や韓国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語の履修が可能です。

5)段階的により深く学べる専門科目

主要な科目は、基本内容を講義する科目のほかに、さらに一歩踏み込んだ内容を講義する科目を用意しています。 例えば憲法の講義では、憲法Ⅰ、憲法Ⅱ、憲法Ⅲ、さらに憲法特講を設けています。

6)少人数制の演習科目と研究会で学生をサポート

1・2年次は少数制の演習科目(基礎演習)に、3・4年次は研究会(ゼミナール)に所属します。学生一人ひとりにつく担当教員が、学習から就職活動までをきめ細かく支援します。

7)さまざまな教員免許の取得が可能

本学で取得できる教員免許のほかに、星槎大学との協定による通信教育で、さらに複数の教員免許を取得することができます。 また、教職支援センターでは、教員免許の取得から教員試験の合格、教員採用にいたるまで、一貫して支援できる体制を整えています。

大学・大学院紹介 - カテゴリ -

メニュー

PICK UPメニュー