カリキュラム


スポーツの発展と人々の健康の維持・増進に寄与できるように、高いコミュニケーション能力を持ったスポーツ指導者を養成するため、 スポーツ科学及び健康科学的知識、円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力、指導者としての柔軟な実践力・対応力を修得するカリキュラムを編成しています。

カリキュラムポリシー

スポーツ健康学部は、スポーツ及び健康に関する体系的な教育を通じて、社会のニーズに対応しうる知見と技能の修得及びその実践的な応用力の涵養を図り、スポーツの発展と人々の健康の維持・増進に寄与することを目的としており、下記の通り、教育課程編成における基本方針(カリキュラム・ポリシー)を定める。

① 言語系科目の履修により、外国語の運用能力を伸ばし、異文化理解の姿勢を身につけるとともに、共通科目の履修により、多様な学問領域にわたる幅広い教養を身につける。
② 専門基礎科目の履修により、スポーツ・健康に関する基礎的な知識や技能を身につけるとともに、専門科目の応用・展開科目の履修により、当該分野の専門的な知識や技能を体系的に身につける。特に、多様な対象者と良好な人間関係を築ける高いコミュニケーション能力や対人スキル、及びスポーツ指導に関する理論に裏づけられた柔軟な実践力・対応力を身につけることを重視する。
③ 少人数・双方向の演習科目を1年次から4年次まで必修科目として配置し、4年間を通じて、主体的に思考する姿勢や学問研究の方法を身につける。



1)健康・スポーツ科学の基礎理論の修得

スポーツや保健体育を教える者が身につけるべき、基本理論の修得のためのカリキュラムが充実「スポーツ健康科学論」、「運動生理学」、「発育発達論」など、 科学的なデータに基づいた最新の理論を学ぶことで、的確で合理的な指導を行う力が身につきます。

2)コミュニケーション能力の養成

近年、重要性が高まる、スポーツ指導者のコミュニケーション能力を養成。心理学を基本に、言語によるコミュニケーションを学ぶ「対人関係論」、身体コミュニケーションを学ぶ 「身体表現論」のほか、「コーチング論」によって実践的な指導法を学びます。

3)実践力・対応力の養成

理論だけでなく、実際に生徒などを相手に指導する実践力・対応力を養うため、選択必修科目として「インターンシップ実習」を導入。 高校で運動部の指導を複数回行ったり、スポーツ大会の現場で運営に携わるという実習でスキルを身につけます。

4)地域社会に対する理解の涵養

スポーツ指導者が活動する際、地域スポーツの発展に寄与するために地域の行政や経済とかかわることが少なくありません。 そのため、「地域と行政」、「地域と経済」などによってそれらに関する理解を深め、地域に貢献できる人材を育成します。

5)法的素養の涵養

スポーツ指導の現場では、指導力以外に法的な知識も必要となります。とりわけ近年、指導を受ける側への安全配慮義務や、 万が一事故が起きた場合の対処などが重要性を増しているため、想定されるケースを踏まえながら法的知識を養います。

6)進路に合わせたクラス制

中学校および高等学校の保健体育教員をめざす「Tクラス」、地域のスポーツ指導者や一般企業への就職をめざす「Eクラス」の2つのクラスに分かれ、 それぞれの目標に向かってスキルアップしていきます。

大学・大学院紹介 - カテゴリ -

メニュー

PICK UPメニュー