アドミッションポリシー

法学部

法学部は、科学技術の発展と社会構造の変化に対応できる、知識や判断力及び総合的な視野をもち、現代社会の複雑な問題に対処できる人材の育成を教育の目的としています。
これを実現するため、法学部は法律、政治・行政、経済・経営の幅広い分野で専門教育を行うとともに、文武両道を奨励しています。法学部は、これらの理念・目標に共感し、 かつ、以下に示すような目的意識を持った学生を入学させたいと考えます。

①  国際社会、日本および地域社会の発展に役立ちたいと考えている人
②  中央省庁・地方自治体で中核となって活躍する意欲のある人
③  警察官、消防官または自衛官等となり、国や地域の治安・安全確保に貢献したいと考えている人
④  中学・高等学校等の教員となり、学校教育に従事したいと考えている人
⑤  ビジネスマンとなり、社会経済の発展に貢献したいと考えている人
⑥  学業とともにスポーツでも活躍し、スポーツに関わる職業に就きたいと考えている人
⑦ 法律、政治・行政、経済・経営の分野の専門知識を身につけ、種々の資格を取得したいと考えている人

法学部で学ぶには、高等学校卒業までに幅広い教科の基礎的知識を修得しておくことが望まれます。 特に、以下の学修が重要です。
 ➀国語、特に現代文の読解力と語彙力 ➁社会科の基礎的知識 ③外国語(英語)

スポーツ健康学部

スポーツ健康学部では、スポーツ及び健康に関する体系的な教育を通じて、社会のニーズに対応しうる知見と技能の修得及びその実践的な応用力の涵養を図り、 スポーツの発展と人々の健康の維持・増進に寄与できる人材の養成を目的としている。
本学部本学科では、これを実現するため、本学の建学の精神、本学部本学科の教育目的等を理解し、以下に示す目的意識を持った学生を受け入れる。

① スポーツ・健康について専門的に学びたいという興味・関心を有する者
② 高いコミュニケーション能力をもったスポーツ指導者になりたいという意志・意欲を有する者
③ 高いコミュニケーション能力をもった保健体育科教諭になりたいという意志・意欲を有する者
④ スポーツを通じて地域社会に貢献したいという意志・意欲を有する者

スポーツ健康学部において必要な能力を身につけるためには、高等学校卒業までに学ぶ幅広い教科の基礎知識を修得することが望まれます。 特に専門用語の理解や解釈の、運用には、一定の国語力が必要です。また、スポーツ及び健康に関する科学的な理解のために理数系の科目、 及び英語等の外国語科目に積極的に取り組んでおくことが重要です。

平成国際大学入試係 入試に関するお問い合わせ

〒347-8504  埼玉県加須市水深大立野2000
TEL(代表):0480-66-2100
入試係直通 :0480-66-2277
e-mail:nyushi@hiu.ac.jp

入学案内 - カテゴリ -

メニュー

PICK UPメニュー